”ダラダラ在宅勤務”の原因を知り、アフターコロナを見据えた”リモート決算”の体制づくりが今後の経理部の在り方を左右する

「在宅勤務もとりあえずGWまで」と考えていた企業は、ウェブ会議システムやメール・電話などの必要最低限のツールでこれまで何とか通常業務を継続させてきましたが、政府の緊急事態延長宣伝を受けて、多くの企業がアフターコロナでも在宅勤務のメリットとデメリットを理解した上で、テレワークの定着化に真剣に向き合い始めています。

社員個人の部分最適 VS チームの全体最適

COVID-19の流行後、テレワークの実態について日本CFO協会が緊急アンケートを実施したところ、とても興味深い結果が分かりました。

下図から、個人的な体感としては自宅での業務にメリットを感じているモノの、チーム全体としての作業効率が上がったとは言えないことが分かります。

作業効率の向上の体感度

 

チームとして作業効率が落ちる一番の理由は?

さらにアンケート結果からは、テレワークに一定のメリットがあることを認めつつも、やはり一抹の不安を感じているということもよくわかります。

現場が感じるテレワークへの懸念点

問題の原因は、端的に言うとテレワークによるコミュニケーションの障壁です。

オフィスワークとテレワークの間に見られるコミュニケーションスタイルの一番大きな違い、それは「同時多発的」か否かということです。

アフターコロナを見据えた体制作りとは?

テレワークの目指すべき姿

日ごろから個人で作業を行うフリーランスにとっては、あまり問題とならないテレワークでも、常日頃チームで、また部門の枠を超えて様々な関係各所と連携して作業をすすめる経理部にとっては、いかにして上図の”あるべき姿”を実現するかが成功のカギと言えます。

Adra Task Managerでできること

業務品質の担保まで意識したテレワークを実現するには、以下にあるような要素が不可欠です。

  • いつでも必要なデータにアクセスできる
  • 非対面によるコミュニケーション遅延を排除する自動ワークフロー
  • バックアップ要員のアサインなど柔軟なチーム編成
  • チーム全体の作業進捗が分かるダッシュボード
  • いつでも関係者全員とコミュニケーションが取れるバーチャルなオープンルームの常設

こここ

Adra Task Managerなら、自動ワークフロー、ファイル添付、承認・却下機能、コメント追加、タスク一覧、さらにはBI機能を備えたアナリティクスもレポートとして表示させることができます。

Microsoft TeamsやSlackなどの外部のチームコラボレーションアプリとも連携することで、さらなるコミュニケーションの強化が可能です。

 

 


この記事で説明した内容をさらに詳しく説明したダウンロード資料をぜひご覧ください。

資料をダウンロードする

 

フィンセサイズ編集部